月別アーカイブ: 2016年8月

Voigtもどき

20年程前までVoigtという肩当てがありました。

今は生産中止で販売しているところもほぼないのでご存じない方も多いと思います。

僕もしっかり実物は見たことがありません。Voigtを使っているお客さんがたまにいらっしゃるのでチラ見して知っている程度です。

このVoigtは今の肩当ての様にネジ式で高さが調節できるように出来ていないのでlow,normal,hightと3タイプの高さがあったそうですが実際使う人によって高さが違うので微妙な修正が必要で結構面倒くさい代物っだったそうです。

また、固定の仕方もゴムで引っ掛けるタイプのもので落ちやすかったのでしょうか人気がなく廃盤になってしまいました。

でも音の響き方は良かったようで今でも根強いファンがいらっしゃいます。

そして、お客様からの一声です。「あれ良いんだけど、もうどこにも売ってないから作って!」

素材も木でできていて大体の形しか知らなかったのですが楽器を作るの時には使う材料で作ってみました。

IMG_0092白い色の方は第1号で楽器に当ててみたら大きかったのと高さが最初から少し低めに作ってしまったので後から高さを出すために継ぎ足しをしていて、第2号のピンクの方は大きさを1号から修正して少し小さめにして、高さも最初から高めに肩に当たる部分はお客さんからのオーダーでド派手なピンクにしてとのことでこの色になっています。まだまだ実験段階で改良点は沢山あると思いますが、最近の肩当のようにカーブがきつくなく楽器を固定してしまうことがなく音も窮屈にならないと思います。が、肩当の良し悪しは個人差があるので一概にこれがいいですとは言いにくいです。これでお客さんに合わせながら少しずつ改良していこうと思います。

バージョン1.0でした。