月別アーカイブ: 2017年2月

特許申請中

前回の松本弦楽器版エンドピンの歴史を書きましたが、実はこれには続きがあって前回記事を書いた時には公表できなかったのですが、ようやく陽の目を見ることができます。

今、1番最新バージョンのエンドピンはこちら

これだけ見るとよくわからないと思いますが、ピンは今まで通りフェルナンブーコピンを使用し、台座の形が変わりました。

台座も真鍮の部分以外はすべてフェルナンブーコでできています。

そしてなんと言ってもネジが無くなってしまいました!

簡単に構造を説明すると、以下の二つのパーツからできています。

 

 

これが台座に当たる部分、単純にテーパー状に穴のあいた台座で真鍮部分は割れ防止のために入っています。

ネジ穴や樽などピンを押さえるものはありません。

下のものは1番上の画像では真ん中のドーナツの様なところです、特徴はテーパー状になっていて軸上にワリがあることです。これが台座の中に入っています。ソケット、インナーなんて言い方をしています。

ピンをソケットに差し込み台座の中に入れてソケットを押し込むとソケットに入っているワリが締まりピンが入っている径が小さくなることで台座全体でピンを抱きかかえるように締め固定する仕組みになっています。

構造はいたってシンプルですね。ありそうで無かったものです。

 

なぜ、こんなものを作ったのか? 答えはこれまでのエンドピンの歴史の中にあって、今まで改良してきたエンドピンは材質による質量の軽量化、ネジを金属から木材にしてみたり、黒檀からフェルナンブーコにしてみたり試行錯誤を重ねてきました。

そしておそらく楽器の中心から外側に重さがかかること、ピンを1点で止めることによる台座の中の隙間(遊び)による力のロスが無ければより良く音に返還されるのでは?という結論になり

じゃあネジ無くしてエンドピン留めるの考えるか!!

から始まりこのような形になりました。

最初に作って実際に試してみたとき、これまでネジを木で作ったり、雄ネジまで木や牛骨で作ってみたりして少しずつ前よりはいいね!とかこれは全然ダメだったな~なんてことを繰りかえしていた所から全然違う領域に飛びぬけてしまっていたことに驚きました。

それほどまでに楽器の中心から外側に重さがかかるとバランスが崩れること、ピンを1点で押すことの力のロスが響いていたんだと実感しました。

この台座にすることで倍音がものすごい増えて、音の立ち上がりもとても速いのですが、逆に余分に鳴らないために音の収束も早くなりました。 これで音の響きが減って音が鳴らくなったという方もいらっしゃいました。

ただ、その分今まで雑に弾いていたところを丁寧に弾くようになったという人もいます。

そしてこれまでのエンドピンは音が遠鳴りするためにスタジオや、録音には少し不向きでした、最初は新しい台座は余計に音拾わないんじゃないかと思いましたが、意外にも良く音が入るそうです。多分、音の成分が沢山増えたことによって今まで出ていなかった周波数帯も出るようになったからではないかと思います。

構造がシンプルな分精度がとても重要でピンを絞めるソケットのテーパーと台座のテーパーが少しでも狂うときちっと止まりませんしピンに太さのムラがあってもソケットがうまくスライドしないのでスムーズに長さの調節ができません。これまでの台座作りより遥かに面倒臭くなったことは言うまでもありません(-_-) 材質が木材なので季節や湿度による材料の収縮にもバッチリ対応できるそうに設計されています。

このピンはこれまでのエンドピンを留めるシステムとは違うのでお客さんに特許取れば?と言われ最初は別にわざわざ取らなくても良いんじゃないかと考えていましたが、誰かに権利を取られて自分たちが作れなくなるのは嫌だな…これからの改良点なんかもあるかもしれないし…やっぱり特許取るか!! というわけで

特許申請中です。

エンドピンに関してはこれが最終形態だね、なんて言っていますがどうでしょうか?まだ何かあるかもしれませんね、その時はまた工房の片隅でマスクとゴーグルをつけた怪しい人物がフェルナンブーコこちょこちょ弄っているかもしれません(^^)。

ここまでが前回から続いたエンドピンの歴史(松本弦楽器Ver.)でした。

長くなりましたが、読んでくださった方どうもありがとうございます。

ではでは。