楽器屋さんでライヴ!! vol.23

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月25日にバイオリン、喜多直毅さんと箏、元井美智子さんよるduoライヴが開催されました。

このお二人のライブもお馴染みです。

2部構成で1部が即興演奏、休憩をはさみ2部がアレンジ曲という構成でした。今回の元井さんの演奏された箏は150年ほど前に製作されたもので今とは若干作りが違うそうで少し楽器を眺めさせていただけたので観察してみたら本体の形が普通のアーチ状とは違うカーブをしていてまるで日本刀のカーブのようでその頂点に合わせて隆起もできていて絃の掛かり方も三次元的に掛けられていました。びっくりしました、最近このブログ内でsettingのお話というものを書き出していてその内容そのままの様な作りをしていたからです。

音もこれまでの箏の音の出方、立ち上がりとはやはり違う感じで音の立体感や中心感みたいなものを感じる音でした。

残念ながら今ではこの作り方で箏を作ることができる職人さんがいないそうで絃の張り方もゆるく張らないといけないそうですが、この形とその張力の弱さが長年かたちを保つ秘訣なのかもしれません。

今書いているsettingのお話の事を思いつつやっぱり弦楽器は構造的にこうだよねと納得した演奏会でした。