松脂の旬

このエントリーをはてなブックマークに追加

1年を通して松脂を煮ていて思うことが、いい松脂を作るにはどんな風に煮込んだら良いかということ、今回はそんな裏側のお話です。

松脂の面白いところは料理と同じで素材が同じでも煮方一つで出来具合いが全然別のものになる所です。ですので一般に市販されている松脂の多くは一定の商品の品質を保つために油を入れています。油を入れると松脂の質が一定になる反面、油の質によって酸化し松脂がダメになることもあります。松脂の使用期間は何年ぐらいとか言っているのはその為です。

松本弦楽器製の松脂は100%松脂ですのでご安心ください、むしろ年数が経てば経つほどに熟成されて質の良いものになっていきます。

松脂を作る際に関係していると思うのが気温、湿度つまりその日の天気と松脂の酸化具合。これらの関係で最後に出来上がるものが変わってくるようです。まず松脂にはグレードと言うものがあり精製度合いによって分かれています。松脂に適していると思うのがグレード的には低いものが良いと思います、なぜかと言うとグレードによって融点と酸化具合が違うからで、グレードが低いものの方がいい松脂を作るのに適していると思うからです、日本で手に入れられる松脂のグレードより低いものが欲しくて直接中国に問い合わせたら仕入れは可能ですが最低輸入量が1コンテナからだったので諦めました。1コンテナだいたい3トンなので流石に…ねぇ…。なので今はひたすら熟成と言うか放置して商品として松脂を作るのに使えるレベルまで置いてあります、最近熟成を早める方法も発見したので来年再来年が楽しみです。

そして気温と湿度。気温はなるべく高い方が良いです、と言うか寒くなければ大丈夫、これは煮た松脂の冷める具合に絡んでいそうでなるべくゆっくり冷ました方が良い感じです。湿度もなるべく高めの方が良いような感じです。そしてそれを煮込んでいった時に松脂が溶けて泡が出てくるのですが、この泡の出具合で全て決まるように思います。良い泡が出るタイミングや条件は研究中なので毎回作り甲斐がありますね。

大体こんな条件で作るとそこそこ良いものができます。なので松脂を作るのは梅雨時から夏の湿度の高い時がベストかと思います。冬は向いていないかと言うと気温さえなんとかなれば湿度が低いのでさらっとした松脂が出来やすいのでそれはそれで使い様かと思います。

ぼくはなるべく気持ち悪い天気の日、雨が降りそうなジメジメしていて暑い日なんかに作るのが今の所良いかなと思います。

これから消費税も上がるので価格も改定しなければならないのですが、それに合わせて松脂も値段が変わります、お値段は上がりますが質はそれ以上に向上していきますのでよろしくお願い致します。

今回はそんな裏側のお話でした。