バスバーと魂柱 その2

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のバスバーと魂柱から引き続きまして今回は魂柱に関するお話です。

魂柱は表板と裏板、横板から成る箱の中に表板を正面から見たときバスバーと反対側(高音域側)にあり、表板と裏板を繋ぐ様に立っているものです。詳しい説明などは省きますがsettingのお話でも多少触れていますが魂柱の立つ位置は表板を正面から見て駒より下側になります。

日本語では「魂柱(こんちゅう)」読んで字のごと、魂の柱です。あの小さい棒を魂と呼ぶ、それだけ重要なものだということが分かります。

英語では「soundpost」直訳では音の柱、表板と裏板を繋ぎ、駒から伝わってきた表板の振動を裏板に伝えるというサウンドポストの説明の通りの意味です。

ドイツ語では「stimmstueck/seele」stimmstueckは「音の柱」。seeleは「魂」

イタリア語では「anima」意味は「魂、命」と言う意味です。ラテン語では呼吸、生命といった意味になります。余談ですが動物のanimalや、アニメーションanimationなどはこのanimaが語源で命を吹き込まれたものと言う意味です。

不思議なことにイタリア語や魂柱などは抽象的な魂や生命と言う言葉なのに英語になるとsoulpostとは言いません。やはり解釈の違いなのでしょうか?

魂柱などの意味でいうとそれを立てることで、楽器に命を吹き込む命を灯すというような感じがありますが、サウンドポストだと音を伝える柱と言う具体的なものです。

もちろん、音を伝える柱なのには違いありませんがそれだけではなくと、魂柱が立つことで命を吹き込まれたと考える方が夢があって良いですね!

英語表記だと一つ一つが別のか独立しているものが集まって出来たものという感覚ですが、元々のラテン語やイタリア語などの表記だと全部で一つのものができているという感じでしょうか?全部繋がっているので当たり前と言えば当たり前なのですが、そういう感覚で接してきていなかった僕にはとても新鮮で目からうろこの様な感覚でした。

なのでこれからはそんな反省を踏まえて木を見て森を見ずにならないように向き合っていきたいと思いました。