まつやに その2

このエントリーをはてなブックマークに追加

Bass用の松脂の開発話。

今までBassの松脂に触れる機会が無かったので試しにと、カールソンとノイマンを使ってみました。後で分かったことなのですが、Bassの松脂はトロトロ系と硬い系の2種類あり、試してみたのは同じトロトロ系だったために実験で作ってみた物もどちらかというとトロトロ系よりにしようと思い色々混ぜたり、煮込んだり、松脂の煙と戦いながらの日々でした。

そこで分かったことはBassの松脂には油分、おそらくはヒマシ油など工業油が含まれていてあのトロ味を出しているということ、トロ味を主にして配合すると倍音(響き)が減る、倍音を主にすると松脂自体に硬さが必要になってくる。ということが分かってきました。

分かってきました…が、煮詰まりました(゜ロ゜)

良い所までは行っていると思うのですが、松脂と油は酸化するんですね、酸化すると出来上がりとは違った感触、音色になってしまうことも今回分かりました。

まだ時間はかかりそうですが途中経過報告でした。  井田