楽器屋さんでLIVE Vol.16

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月15日(土)に工房で第16回目のライブが開催されました。

今回はヴァイオリン奏者の喜多直毅さん、箏奏者の元井美智子さんのお二人のduoでした。お二人のライブは今回で2回目ですが、前回のライブでは僕は参加することができなかったので初めての演奏会でした。

お二人の演奏は即興演奏2ステージ、箏の演奏を聴くのはこの工房でのライブで深山さんの演奏を聞かせていただきましたが、箏と言っても演奏者、絃でこんなにも違いが出るのかと思うほど違いました。お二人とも流派は同じらしく爪の形は同じで柱も同じような素材を使っていて違うのは絃の張力が違うのだとか。

和楽器特有の擦過音、かすれる実音ではない倍音がとても多く今回喜多さんのバイオリンにも生ガットを使用していたのでとてもマッチしていて素晴らしい演奏でした。演奏中に箏の絃を元井さんがバイオリンの弓で弾く奏法もあり箏とかバイオリンとか楽器のカテゴリーを超えたパフォーマンスだったと思います。

 

来月10月12日にはお馴染みコントラバスの西嶋さんとのDuoが予定されています。バイオリン属の最低音域楽器のコントラバスと最高音域楽器のバイオリンの演奏を会場でご堪能下さい。

また、自分も工房でライブしてみたいとお考えの方(当店のお客様に限りますが)是非是非ご相談ください。

井田