楽器屋さんでライブVol.19 開催に関するお知らせ

12月21日(金)に開催される楽器屋さんでライブに関するお知らせです。

前回のライブの模様の感想とともにお知らせしていた21日に開催のヴァイオリン:喜多直毅さん、チェロ:ルドヴィートカンタさんのお二人によるduo の開始時間が変更になりました。

変更後:会場 18時30分 開演 19時00分 となります、ご了承ください。

ライブに関するお問い合わせは松本弦楽器のお問い合わせ、または喜多直毅さんのホームページでお願いいたします。

年末年始のお知らせ

いつもお世話になっております。

年末年始の営業のお知らせです。

12月30日(日)~1月6日(日)まで休業とさせていただきます。

1月7日(月)より通常通り10時からの営業となります。

よろしくお願いいたします。

楽器屋さんでLIVE Vol.18

11月10日に18回目となる工房でのライブが開催されました。

今回はお馴染みヴァイオリン奏者の喜多直毅さんと同じくヴァイオリン奏者のHarald Kimmigさんのお二人による即興演奏でした。1時間ほどのステージでお二人のduoから始まりそれぞれソロで演奏し、また最後にお二人で一緒に演奏するという流れのものでした。

即興演奏は楽譜などがなくすべてがアドリブでくみ上げられていくもので、duoパートでは演奏というより二人で話していたり、soloパートでは一人で話しているのを聴いているような、途中から降り出した雨の音も音楽になっているような感覚でした。

そして来月12月21日はヴァイオリン 喜多直毅さん、チェロ ルドヴィートカンタさんによるライブが開催されます!お問い合わせは喜多さん、若しくは松本弦楽器までお願いします。

お楽しみに!

井田

shoppingサイトに関するお知らせ

ショッピングサイトに関するお知らせです。

松脂などの商品の注文をされて、ご注文者様に受注確認と振込先のメールが届いてから7営業日以内に入金の確認が取れなかった場合、自動的に商品をキャンセル扱いとさせていただきます。

お振込みが遅れる場合はその旨をご一報いただければ大丈夫です。

お手数おかけしますがよろしくお願いいたします。

井田

楽器屋さんでライブ‼ vol.17

10月12日に喜多さんと西嶋さんによる楽器屋さんでライブ‼17回目があり

今回は5分程度の短い曲を喜多さんのお話を間に挟みながらの演奏でした。

聞き覚えのある曲のアレンジや、静かにゆっくりとした曲調から一気に激しくなったり、激しかった演奏が二人同時にピタッと止まる瞬間は流石の凄い迫力でした。

最近作っている糸の出来が良くなってきたので少し紹介したいと思います。
糸と言われて何の糸?何処に使うの?と首をかしげるかもしれませんが、これは弓の持ち手に巻いてある糸です。
ただの糸に見えますが実は少し手が加えられています。簡単に説明すると
まず糸を長めに二つ折りして、次に片方ずつ糸の撚りをほどき、ほどき終わった2本を重ねて撚りなおしていきます
撚り終わったら糸を張った状態で薄めた透明ニスを染みこませて乾燥させます、乾燥し終えたら適当な物に巻き付けて完成です。色のムラを作らずにニスを塗るが意外と難しいんですよ(笑)
徳弘

新しいラインナップ

shopping pageに新しいラインナップが増えました。

これまでは松脂が2種類しかありませんでしたが、今回からチェロのエンドピン(フェルナンブーコ)が増えました。

このエンドピンは今工房で製作している最新のものの1つ前のバージョンです。

お値段は取り付け工賃別で43200円になっています。

数量限定で在庫がなくなれば終了になります。

注意点として、試しに装着させることができないことと、交換する場合は専門家の技術が必要になります。また例外はありますが多くの場合、台座ごと交換することになると思います。

この点にご了承いただきお買い上げください。高価なものですので質問などや実物を見たい方もいらっしゃると思います何でもお申し付けください。

ホーム画面のshoppingまたはこちらのリンクからご利用ください。

楽器屋さんでLIVE Vol.16

9月15日(土)に工房で第16回目のライブが開催されました。

今回はヴァイオリン奏者の喜多直毅さん、箏奏者の元井美智子さんのお二人のduoでした。お二人のライブは今回で2回目ですが、前回のライブでは僕は参加することができなかったので初めての演奏会でした。

お二人の演奏は即興演奏2ステージ、箏の演奏を聴くのはこの工房でのライブで深山さんの演奏を聞かせていただきましたが、箏と言っても演奏者、絃でこんなにも違いが出るのかと思うほど違いました。お二人とも流派は同じらしく爪の形は同じで柱も同じような素材を使っていて違うのは絃の張力が違うのだとか。

和楽器特有の擦過音、かすれる実音ではない倍音がとても多く今回喜多さんのバイオリンにも生ガットを使用していたのでとてもマッチしていて素晴らしい演奏でした。演奏中に箏の絃を元井さんがバイオリンの弓で弾く奏法もあり箏とかバイオリンとか楽器のカテゴリーを超えたパフォーマンスだったと思います。

 

来月10月12日にはお馴染みコントラバスの西嶋さんとのDuoが予定されています。バイオリン属の最低音域楽器のコントラバスと最高音域楽器のバイオリンの演奏を会場でご堪能下さい。

また、自分も工房でライブしてみたいとお考えの方(当店のお客様に限りますが)是非是非ご相談ください。

井田

楽器屋さんでライヴ vol.15

7月27日に15回目となる工房でのライブが開催されました、出演はお馴染みのバイオリン喜多直毅さん、コントラバス西嶋徹さんのお二人です。

気が付くと15回も開催されているのですね、なんだかあっという間です。

ライブではおつまみと1ドリンク(ビール、ワイン、ジュース、紅茶、ノンアルコールビール)をお出ししているのですが、天気や気温その日のお客様の気分で飲み物の傾向が変わって前回ビールが1本も出ていないのに今回はビールばっかり出る。とか普段あまり注文されないジュースが今回は沢山注文でるとか、予想しながら、しかし予想通りにはいかなかったり、毎回裏方でそんなことを楽しみながらやっています。

演奏はお二人で何度か演奏したこともあるバルバラ「黒い太陽」や、韓国民謡「アリラン」、八代亜紀「舟歌」、美空ひばり「悲しい酒」、浅川マキ「赤い橋」でした。お二人はとあるプロジェクトへ向けて曲を編曲しているそうなのですが、果たしてそれは何でしょうか?

今後、新たな曲も出てくるのかもしれません次回のお二人のduoは未定ですが9月15日に前回のライヴでduoをした箏奏者の元井 美智子さんとの演奏があります、僕は前回私用で参加していないので初めてのお二人のライブです、どんなパフォーマンスが見られるのか楽しみです。

ご興味のある方は是非ライブへいらしてください!

井田

夏休みのお知らせ 追記

先日お知らせさせていただいた夏休みのお知らせですが、追加です。

8月25日(土)も親方のお休みの日とさせていただきます。

従いまして8月6日、8月25日~8月30日が夏休みになります。

お電話、メール対応は可能ですので何かあればご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

井田