松脂の旬

1年を通して松脂を煮ていて思うことが、いい松脂を作るにはどんな風に煮込んだら良いかということ、今回はそんな裏側のお話です。

松脂の面白いところは料理と同じで素材が同じでも煮方一つで出来具合いが全然別のものになる所です。ですので一般に市販されている松脂の多くは一定の商品の品質を保つために油を入れています。油を入れると松脂の質が一定になる反面、油の質によって酸化し松脂がダメになることもあります。松脂の使用期間は何年ぐらいとか言っているのはその為です。

松本弦楽器製の松脂は100%松脂ですのでご安心ください、むしろ年数が経てば経つほどに熟成されて質の良いものになっていきます。

松脂を作る際に関係していると思うのが気温、湿度つまりその日の天気と松脂の酸化具合。これらの関係で最後に出来上がるものが変わってくるようです。まず松脂にはグレードと言うものがあり精製度合いによって分かれています。松脂に適していると思うのがグレード的には低いものが良いと思います、なぜかと言うとグレードによって融点と酸化具合が違うからで、グレードが低いものの方がいい松脂を作るのに適していると思うからです、日本で手に入れられる松脂のグレードより低いものが欲しくて直接中国に問い合わせたら仕入れは可能ですが最低輸入量が1コンテナからだったので諦めました。1コンテナだいたい3トンなので流石に…ねぇ…。なので今はひたすら熟成と言うか放置して商品として松脂を作るのに使えるレベルまで置いてあります、最近熟成を早める方法も発見したので来年再来年が楽しみです。

そして気温と湿度。気温はなるべく高い方が良いです、と言うか寒くなければ大丈夫、これは煮た松脂の冷める具合に絡んでいそうでなるべくゆっくり冷ました方が良い感じです。湿度もなるべく高めの方が良いような感じです。そしてそれを煮込んでいった時に松脂が溶けて泡が出てくるのですが、この泡の出具合で全て決まるように思います。良い泡が出るタイミングや条件は研究中なので毎回作り甲斐がありますね。

大体こんな条件で作るとそこそこ良いものができます。なので松脂を作るのは梅雨時から夏の湿度の高い時がベストかと思います。冬は向いていないかと言うと気温さえなんとかなれば湿度が低いのでさらっとした松脂が出来やすいのでそれはそれで使い様かと思います。

ぼくはなるべく気持ち悪い天気の日、雨が降りそうなジメジメしていて暑い日なんかに作るのが今の所良いかなと思います。

これから消費税も上がるので価格も改定しなければならないのですが、それに合わせて松脂も値段が変わります、お値段は上がりますが質はそれ以上に向上していきますのでよろしくお願い致します。

今回はそんな裏側のお話でした。

ちっちゃい松脂

facebookにはすでにアップしていますが、僕が前々から冗談で密かに作っていてご希望の方に差し上げていた小さいアニマル松脂を堂々と販売することとなりました。

kidsサイズの松脂よりも一回り小さくなっていますが、内容はこれまでの松脂と変わらないクオリティーです。

種類が4種類あるのでまだ通販には反映しておりませんが、ご要望が多ければそのうちラインナップに加えようかと思っています。現在は工房での販売と子供用初心者セットを購入してくださった方の松脂として4種のうちどれか1つがおまけになって付いてきます。

よろしくお願いします。

Kids用

以前から作っていた松脂ですが、ある日お客さんから「松本さんのところの松脂は良いんだけど子供のバイオリンケースに入らないんだよね~」と言われました。

そのお客さんには4歳のお子さんがいてバイオリンを習い始めたばかり

もちろん分数サイズです。ケースも当然小さいです。

当店の松脂は一般的な松脂に比べると口径(丸の大きさ)は大きいほうだとは思っていましたが、大きいほうが弓に塗りやすいし持ちやすいので大丈夫だと思っていました。

…が、ケースに入らないのは盲点でした。

その日はその場で口径の小さい松脂を作ってみたのですが、これからもこういうことはあるだろうと思い型から作ることにしました。

口径は分数サイズにも入る35mmで作ってみたのがこちら↓

IMG_0009 (1)この状態から厚みを出してきれいに整形したら型は完成です。IMG_0011 (1)

一度に8個作れる仕様になっています。

いつもと同じ分量を煮込んで8個作れるかわからなかったので取りあえず1度試作してみたものがこちらIMG_0013 (1)

比較でいつもの松脂を並べています。大分可愛らしいですね、厚みはもう少し薄くする予定ですが大まかにはこんな感じです。

型の方はまだ改良の余地ありですが製品にはなりそうなのでこれからはこのKids用松脂も合わせてよろしくお願いいたしますm(__)mお値段は税込み2200円となります。

まつやに その3

Bass用の松脂開発が始まり、トロトロ系や硬い系とか色々試していて何とか形になったものが出来ました。

と言っても、Bassプレイヤーの方に沢山弾いてもらった訳ではなく僕らがこれならBass用としてイケるんじゃないか?という感じです。なのでリサーチ中ですが製品としても在庫していますし、工房までお越しくだされば松脂のサンプルもあるので試し弾きもできます。

今までカールソンやノイマンをお使いだった方には引っ掛かりは軽く感じると思いますが倍音は多く感じられると思います、硬い系の物をお使いの方には引っ掛かりがだいぶ強く感じられると思います。

僕らもリサーチ中ですので、少しでも気になる方は是非1度工房までお越しください。そして感想を聞かせて頂けたらとても嬉しいです。よろしくお願い致します。

井田

試供品

いつも当ホームページをご覧くださり有難うございます。

店舗でも通販でも販売中の松脂ですが、もっといろんな人にこの松脂を知ってもらいたい!と思って今回普段販売しているものと同じ品質のものを小さい皮に流した試供品を作りました。

いきなり5000円の松脂を買うのはちょっと…

少し自分の弓に塗って試してみたい…

とお思いの方はぜひお試しください。お一人様一つまでなら無料で提供させていただきます。

sample この位の大きさでお届けいたします。3,4回なら充分お使いいただけます。

お問い合わせはサイトのメールフォームまたはお電話でお問い合わせください。郵送にて発送いたします。よろしくお願い致します。

井田

 

もう一つの松脂

当店を昔からご存知の方もいらっしゃると思いますし、噂に聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、今まで当店にて店頭には出ていなかった俗に言う「高いほうのやつ」がコンスタントに生産できるようになりました。

今まではそれを作るための松脂が少なくてできなかったのが、10年前から寝かせていたものがようやく製品として使用できるようになり量産体制が整いました。

ただし、この松脂は全ての方にお勧めできるものではないと思います。楽器の反応、弓の反応、それぞれが整ってから、じゃあ次は松脂を…という風に考えて頂ければ幸いです。

井田

 

まつやに その2

Bass用の松脂の開発話。

今までBassの松脂に触れる機会が無かったので試しにと、カールソンとノイマンを使ってみました。後で分かったことなのですが、Bassの松脂はトロトロ系と硬い系の2種類あり、試してみたのは同じトロトロ系だったために実験で作ってみた物もどちらかというとトロトロ系よりにしようと思い色々混ぜたり、煮込んだり、松脂の煙と戦いながらの日々でした。

そこで分かったことはBassの松脂には油分、おそらくはヒマシ油など工業油が含まれていてあのトロ味を出しているということ、トロ味を主にして配合すると倍音(響き)が減る、倍音を主にすると松脂自体に硬さが必要になってくる。ということが分かってきました。

分かってきました…が、煮詰まりました(゜ロ゜)

良い所までは行っていると思うのですが、松脂と油は酸化するんですね、酸化すると出来上がりとは違った感触、音色になってしまうことも今回分かりました。

まだ時間はかかりそうですが途中経過報告でした。  井田

まつやに

当社で常時扱っているオリジナル松脂ですが、バイオリン、ビオラ、チェロには問題なく使っていただけるのですが、ベースには絶対にお薦めできる!というものではありませんでした。

そこで今新たにベース用松脂なるものを開発中です。製品として形になるかはこれから試行錯誤していきますが、従来のものより引っ掛かりが強く少し粘っこいものになるものになると思います。

ただ、ここで問題なのが粘りと引っかかりが強くなると倍音成分が減って響きが減る傾向にあるのでなるべくここの問題はクリアせねば!と思っています。

来店された際もし松脂臭がしたら、臭いと思わずに温かく見守っていてください。そのうちひょっこり出来ているかもしれないです。